スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学病院受診

2011.11.22 動揺(涙)



昨日、退院して自宅に戻り
荷物を準備して 姉の家に泊まった

予約すると何日も待たされるから
泌尿器科の教授の外来診察日にあわせて
紹介状持参で8時半まで行くことになり
天気も悪いので、朝早く出かけた。

泌尿器科は黒山の人だかり。

この日、整形が休診日だったので
教授がくるまで処置室のベッドに
横にならせてもらいVIP待遇

名前を呼ばれ姉と姪と診察室へ

教授は以外に若い50歳代
研修医らしき若者が二人
教授の脇に張り付いている


広汎子宮全摘手術には
必ず起こりえる合併症だということ。

大きな手術をしたばかりで
身体のあちこちに炎症があり
すぐには尿管をつなげる手術はできず

今のままでは生活出来ないので
背中から管を出す手術を行い
体調が回復するのを待ち、三ヶ月後
尿管を膀胱につなげる手術をして
背中の管を外しましょう。

教授が笑顔で
必ず治って退院出来るから大丈夫ですよ
と話してくれても心はどんより

すぐに手術出来ると思っていたから
背中に管? 三ヶ月後?
目の前が真っ暗
涙がポロポロでてきて
教授の話しも上の空

すぐには入院できないので
とりあえず今日出来る範囲の
検査をして帰る事になった。

気持ちが落ち着いてから
冷静に話しを聞いていた姪から
教授の話しを再度説明してもらい
「治るんだからよかったじゃん」
と励まされ、なだめられ…

帰りに美味しいお寿司をご馳走になって
雪の月山道を帰ってきた。

1週間位のうちには入院の連絡が入るので
今度は大学病院に場所を移し
手術と治療をすることになった。

1か月ぶりに家に帰ってきた。
やっぱり自分の家が一番落ち着くね



スポンサーサイト

勤労感謝の日

2011.11.23 感謝の日



昨日、大学病院の受診の移動が結構きつくて、
帰ってきてから布団に横になり
夜の8時には爆睡していた。


10時すぎ、実家の嫁ちゃんが
勤労感謝の日ということで
あんこ餅と雑煮餅を作って
持ってきてくれた。

息子はあんこ餅が大好き

嫁ちゃんが帰った後
お餅食べようと起こしに行ったら
飛び起きてきた。


午後には姉夫婦が
タイヤ交換に来てくれて
スタッドレスに交換してくれた。

兄姉みんなに助けられてる

病気になって、兄姉の有り難みを
毎日感じております。

ありがとね。

不調

2011.11.30 ため息


D病院を受診してから1週間
今日ようやく入院の連絡がきた
12月6日検査・処置で約10日間の入院

また入院
治る訳でもない只の処置入院
女性として一番うけたくない手術


すぐに体調が戻ると思っていたのに
排尿障害と傷口・管を入れている痛みが
通常の生活に支障をきたし
精神的にきつい

布団から起き上がる事も苦痛
寝ているのも苦痛


この間、職場から呼ばれ
傷病手当の手続きと、復帰はいつ頃かと聞かれたが
これから入院・手術になるのに 復帰? いつ頃?


今が精一杯で先の事が考えられず
体調不良と気持ちも沈んで
家事も満足に出来ない

せっかく家に帰ってきたのに
息子の世話になりっぱなし


3ヶ月後、尿管膣瘻の手術
ホントに治るんだろうか

入院です

2011.12.06(火)  入院しました



一昨日まで毎晩38度の熱がでて
どこからくる熱なのか不安だし
日中もダルくて気持ちも落ち込み
布団に横になってる事が多かった

トイレに起きる度、冷や汗がでて
寒いし、布団に入ってもすぐに眠れず
熱のせいで喉が渇くし関節や腰が痛んで

こんなはずじゃなかったと情けなくて泣いた。


幸い、退院してから
息子はテスト期間で
家に早く帰ってくるから
朝お弁当もなかったので
助かったけど…


昨日はさすがに寝ているわけにもいかず
入院準備や弁当のおかずを作ったり
足りないものを揃えたり1日忙しかった。

退院してきてから初めて
夜の12時から朝6時半まで
一度も起きずに爆睡していた。


今日は姉夫婦に送られ家を9時に出発し
11時には病院に到着しました。

管を下げる手術なんてしたくなくて
入院するの、ほんとに嫌だった。

でも、毎日朝はくるわけで…


入院手続きしたあと病室へ
今日は検査もないんだって

病院の中は暑いよ
薄い掛け布団一枚で寝れる。

四人部屋の窓際のベッドを確保して
病院のなかを探索してきた。

ドトール珈琲、ファミマ、郵便局
美容室、いろいろ揃ってる。


みんなで珈琲飲んだ後
姉夫婦が帰っていった。
送ってくれてありがとね。

グズグズ言わずに 頑張って治療します。

検査・処置、どんな事するんだろ…
やっぱり不安だよ…

転院初日

2011.12.06 入院初日


病院ってみんな具合が悪いから
入院しているわけで…
家にいると 出来ない事で
いちいち落ち込んだけど

ここにいると、何故か安心する

夜中に熱が出ても、痛くても
ナースコール押せば解決するし
一人で不安にならなくていいんだもん

今日、午後から 入院説明を受けて
入院生活の注意事項のビデオを見せられ
いろいろな書類にサインをし
夕方5時頃、担当医の一人から呼ばれ
エコー検査。

エコー検査した後
Drが首をかしげて
腎臓が腫れていないと
管を入れるのが難しいって

どの場所から漏れてくるのか
調べないとダメだな…って難しい顔してる

↑患者の前でその顔はやめようよ…不安になるから



まるゾ~の担当医は助教授を中心に
六人の医師がチームで診療にあたるんだって

医師の名前がベッド脇に貼られ
その中に一人カタカナで名前が書いてある

気になって看護師に聞いてみたら
ロシアから教授を慕ってきたんだって
さすが大学病院。

夜の7時、助教授の回診でご対面

明日は管を入れるはずだったけど
詳しく調べないといけないとかで
延期になり、かわりに明日か明後日
CT検査をすることになった


お母さん、1週間で退院してこいよ
絶対、退院延期の電話はしないでよ

息子と約束してきたけど
もしかして検査の日数分
延期になったりしたら
どうするや~

転院2日目

2011.12.07 検査まち



昨晩、部屋が暑いし
枕が変わってなかなか眠れなかった
ベッドのせいか腰が痛んで
何度も目が覚め長い夜だった


朝に、採血と検尿
CT検査は混んでて
今日か明日になるんだって

検査に呼ばれるのを1日まったけど
なんにもしないで1日が終った


同じ病室の方は皆さんご高齢

癌の治療をしていて
家に帰ると一人暮らし
帰りたいけど、病気や生活が
不安だと話していた


午前と午後、暇なので
1階のファミマを覗きに行き

向かいのベッドのおばあちゃんから
折り紙の指導をうけ
コマの作り方を教えてもらった。
DSC_0260_convert_20120101192747.jpg


夜の回診で、検査混んでるから
今度は明日か明後日になるという。

何もしないで、何日も放置されるのって…
たまらず、聞いてみた。

●→「kW先生、検査まちで退院長引きますか?」
Dr→「まるゾ~さん、退院そんなに急ぎますか?」
●→「早く帰りたいです」
Dr→「CTの結果がでないとなんとも言えないから~」


湯治に来たんじゃないんだって

でも、ここの食事は以外に美味しい
楽しみなんて、それ位しかないんだよね…

転院3日目

2011.12.08 ハートふるコンサート



今日も1日検査に呼ばれず放置…
明日は必ず検査出来るそうだ。


毎週木曜日は教授の回診日

朝からカーテン全開になり
看護師さん達もソワソワ

病室に入りきらないほどの
先生達と研修医を引き連れて
回診するっていうから驚き
白い巨塔のワンシーンみたい

一目拝もうと楽しみに待ってたけど
教授、学会?用事?があったとかで
朝のイベントはなくなった


夜の6時に医学部の吹奏楽部と
合唱部がコンサートを
開くというので聴きに行ってきた

クリスマスバージョンで
演歌からアニメソングまで
約一時間位だったけど

とてもやさしい演奏で
久々に癒されてきました

転院4日目

2011.12.09 庄内弁


朝から強い日差して暑かったのに
3時すぎから雪が降ってきた。


今日の1時すぎにやっとお呼びがかかり
早速検査にいってきた。

転院前にも同じ検査をしてきたはずなんだけど…

検査内容は
腹部レントゲン→CT撮影→腹部レントゲン

造影剤を使ってCT撮ったあと
もう一度レントゲンを撮った。

明日から土日に入るからまさかの週明け?
また放置されるのかな…


病院の中は内陸部の土地柄で
語尾にズー、ベーが飛び交ってる

まるゾ~も高校三年間は山形市内に住んでいたから
抵抗なく話せるけど、あえて庄内弁で話してる

庄内弁は響きが優しいし
おっとりしてるイメージがあると
看護師さん達から好評なんだな



夕食後、Drから呼ばれカンファレンス室へ

昼に検査したCTとレントゲンの
画像をみながら説明をうけた。

尿管は画像に写りにくいため
レントゲン技師が特殊加工をしてくれて
はっきり解るようにしてくれたんだって。

膣から漏れている様子がはっきりわかる
それとは別に膀胱に流れているのもみえる


Drは、腎臓が腫れていないので、
背中から管を入れる事が出来ないため
もう一度膀胱からカメラを入れて
腎臓まで管を入れてみようという。

前回の入院先で二度試して
諦めた経過があったのだが…

もう一度挑戦して、管がうまく入り
漏れが止まれば、2・3日で帰れるし
背中から管を下げなくてもよくなる。

うまく入っても、まだ漏れる場合は
腎臓近くに風船を脹らまし、人工的に
腫れをつくり穴をあけ管を下げる。


それもこれも
うまく膀胱から腎臓に管が入ればの話し…
入らない場合は、もう一度教授と相談だって。


そして、ここからが一番大事な話し…
  「すぐには出来ないんです、
    一番早くて火曜日になります

はいはい火曜日でも水曜日でも待ちますよ

転院5日目

2011.12.10 杏仁豆腐


朝起きたら雪景色

火曜に検査をするまで
今日から3日間病室待機

Drから外泊してきてもいいと
言われて嬉しくて姉に電話したら
具合悪くて風邪引いたらどうする
と諭され、外泊は諦めた。


暇なので
前回と今回の入院してみて
よかったところだけ探してみた。

☆前回のよかったところ☆
家から近い
パジャマは毎日交換してくれる
看護師さん達の対応が細やか
休憩室にお茶とか冷水が常時ある
お風呂場に毎回新しい足拭きマットがある
水回りにハンドソープ・ペーパータオルがある


☆今回のよかったところ☆
食事の味付けがしっかりして美味しい
トイレは照明まで全自動でとっても綺麗
病室にトイレがないぶん部屋が広い
ロッカーもベッドの脇にあるから便利
              等々…

朝御飯を食べると
あっという間に昼になり
気がつくと夕食…

1日がもったいないと感じるのは
まるゾ~だけかな…


夕方、姪っこが近くであった研修会の後
病室によってくれた。

入院してからずっと杏仁豆腐が食べたくて
何度もファミマを覗きに行ったけど
あるのはプリンとかゼリーだけ
わざわざ買ってきてもらった。

一緒に帰ろうかとも考えたけど
また送ってもらうのも大変だし
大人しく病院にいることにした。


でも…
みんなが帰っていったら
やっぱり一緒に帰ればよかったと
後悔しながら杏仁豆腐食べました。

転院7日目

2011.12.12 呟き



入院してからちょうど1週間
明日の午後、待ちに待ったステント挿入。


今日は、新庄から同級生がお見舞いにきてくれた

この同級生は、Mrs.ポジティブ
ほんとに前向きな人
話してると可笑しくて笑っちゃう
天童の美味しいケーキ ごちになりました。



… 呟き …

癌が見つかったその日から
まるゾ~は癌患者になった。

手術で癌を全て摘出して
身体に癌は無くなっても

頭の隅っこに、転移・再発の文字が
いつもひっかかってる。

再発の期限、5年…7年…
考えるとやっぱり恐い。

前回入院先で、合併症になり
退院も延期になって凹んでいた時
お見舞いにきてくれて方から
あなたも癌患者の集いに参加しろとか
集いの運営にも協力しろとか言われて
無性に腹が立った。

みんな前向きに頑張っているけど
みんな同じではないんだって

「癌患者だから」という
ひとくくりにされるのは
とても抵抗があった。

まるゾ~は、この合併症が完全に治ったら
病気の事は全てわすれるつもり。

いつもは普通に生活して
検査に行くときだけ病気を思い出すつもり。

苦しくて辛い時に、
みんなから励ましてもらったから
元気になる事が恩返しだと思う。

今は先が見えなくて
自分自身情けなくなる事もあるけど
全部きっちり治して復活するんだ。


な~んて、する事ないといろんな事考えるね。

転院8日目

2011.12.13 拍手



今日はいよいよステント挿入の日

なんにもなければ簡単に
終わる処置なんだけどね

前回、2時間半頑張っても
ステントが入らなかった。

漏れが発覚してから1ヶ月
前回、とても痛くて大変だったから
今日は麻酔をお願いした。

12時から点滴が入り
4時に抗生物質の点滴も追加され
点滴を入れてすぐに放射線科に呼ばれた

ストレッチゃーが用意されたけど
点滴台を押しながら歩いて放射線科へ

3人のDrが立ち会い
早速、お尻に麻酔され
仰向けになり処置開始

お腹から先はカーテンで仕切られ
なにも見えないの。


膀胱からカメラが入る瞬間
泣くほど痛かった。

今回は膀胱から中に造影剤を入れて
カメラを腎臓まで入れるとか。

何度も何度も頑張るけど
尿管がもともと細く
穴が開いた所から先が硬くなり
カメラも入らない様子。

Drも入れ替わり管を入れようと試みるけど
なかなか入らず、時間もかかり諦めの空気が流れ…

Drが最後にもう一度挑戦しようと
モニターをみながら挑戦したら

「まるゾ~さんステント入りましたよ」とDrの声

麻酔のおかげで処置の間痛みもなく
せっかくストレッチャー持ってきたからと
病室まで寝ながら戻ってきた。

しばらく血尿が出るそうで
膣から漏れが無くなるか様子をみて
2・3日で退院できるって。

もし、まだ漏れるようだと
背中から管を下げる処置になるとか。


麻酔が切れてきたら
徐々に背中とお腹が痛くなってきて
なんだか熱まで出てきた。

痛み止めの座薬を使って
今日ははやく寝ます。

頑張れ!まるゾ~!
頑張れ!私の身体!

転院9日目

2011.12.14 新記録



昨夜、痛みと熱で座薬を使い
明け方も、痛くて目が覚め
もう一度座薬をさした

起きてても、寝てても痛い

朝、顔を洗いに行ってびっくり
両腕に沢山のアザ…

昨日、点滴の針が入らなくて
看護師さんも3人がかりで
やっとこさ針が入った

針を差した後、中で血管を探られるのは
痛いんだよね~

左腕に4箇所、右腕に1箇所
紫になってる


朝、電話で息子を起こすと
具合が悪くて学校休むって。

親子で体調不良
まるゾ~の具合の悪いとこ
息子に伝染したかな?

お母さんいつ退院できる?
はやく帰ってきてよ。と細い声。

昨日の処置の経過しだいで
退院できるか、長引くか…


お昼ご飯は「天ぷら蕎麦」
DSC_0269_convert_20120101192700.jpg

わぁ~い
テンションあがって一気に食べた

食後、一気に具合が悪くなり
痛み止めをお願いしたら
座薬をさしてから時間がたってないから
注射の指示。また筋注だよ

看護師さんに「これって罰ゲーム?」
って思わず聞いて爆笑された。

今度はガタガタと震えがきて
ものすごい寒気
布団をもう一枚かけてもらい
気がつくと熱が40.1℃
耳も聞こえない。

熱があがりきってから
座薬を入れて、抗生剤の点滴
アイスノンで頭をひやし
19時には38度まで下がってきた。

身体に異物が入ってきたと勘違いして
熱で攻撃してるんだとしたら、ちょっとうける

毎回、ステント入れる度に熱がでるけど
40.1℃は過去最高の新記録だよ
死ぬかと思った

転院10日目

2011.12.15



朝方から熱が下がりホッとした
昨日の高熱は何だったんだろうね
一度浮上した退院説もなくなった。


起きてすぐにDrから呼ばれエコー検査
腎臓は両方腫れているけど
詰まりはないから大丈夫だって。


今日は木曜日・教授回診の日


いつもは閉めてあるカーテンが
この日は朝から全開になるの

来ました。ぞろぞろ…
でも、話に聞いてたより少ないかな?
研修医はいなかったし。


朝・晩の抗生剤の点滴が追加された。
そして血尿…

熱が下がって、調子はよくなったけど
相変わらずお腹があちこち痛い。
今日は、よくよく我慢して
我慢できないとき座薬をさした。


今日のお昼はカレーライス
昨日に続き今日もテンションあがるよ~

今日は点滴台を押しながら
洗濯とシャワーに行ってきた。

まるゾ~の左腕 
刺すとこないほど
青くなってます。

あざだらけ

転院11日目

2011.12.16 大雪



朝、起きたら

朝の回診で、ステントが膀胱にぶつかることで
痛みがでること、血尿もしばらく経てばなくなるって
とにかく、水分補給して排出するようにと言われた


お昼にテレビのニュースで
地元の映像が何度もが流れた


朝、痛くて眠れなかったから
昼御飯を食べてから4時まで爆睡

目が覚めると、空いてたベッドに
新しい患者さんが入っていて挨拶された。
昨日入ってきた方は、同じ地元の方で
大きな手術をされたばかりなんだって。
前の入院先で手術が出来なくて
ここに転院してきたそうだ。


夜の回診で、退院許可がおりた。
迎えに来てくれる姉夫婦も大変だけど
明日の午後、退院です。

退院後に飲む薬を追加でお願いして
気になる今後の予定をDrに聞いてみた

目をつむりしばらく考えてる ←変な質問した

退院後の詳しい検査は
日程を組んでしていくそうで
尿管も所々細くなっているから
その治療もしなければいけない。

今回はステントが入ったから
もしかしたら手術の内容も
変更になるかも知れないって。

運が良いのか悪いのか

本当だったら今頃、
背中にストーマーを
下げていたはず。

ステントが入ったことで
今までのような漏れがなくなれば
傷口も塞がるらしい。

まだ漏れてくるけど、前程ではないし
はやくよくなるといいな

明日いよいよ退院だ

転院12日目

2011.12.17 退院です


今日、やっと退院になりました。


今朝の回診で昨夜、熱もなく
変わりない事を確認してから、
一旦退院し改めて検査日を設け
詳しく検査した後で、今後どうするか
決めましょうということになった。

急に具合が悪くなったら
転院前の病院に行くこと

次の受診日まで服用する薬を
処方してもらった。

ということで、退院です。


お昼前に、姉夫婦が迎えにきたので
病室の方達と、ナースステーションに
挨拶し、病院を後にした。

腎ろうをすることなく
帰れることができて
Drの皆さまには本当に感謝です。


帰りにお寿司屋さんで
大好きな寿司を食べてきた。

市内は天気が良かったけど
家に近くなるほど雪が多くなり
自宅についたら、まるゾ~の車
雪の中に埋まってた。

昨日から降り続いた雪の多いこと

家に帰ってきた。

2週間1人で頑張ってくれた息子にも感謝
やっぱり自分の家が一番だね。

再入院

2011.12.18 実は…


昨日、家に帰ってきてから
部屋のあちこちが目につき
息子に感謝しながらも
片付け始めたら止まらなくなった。

それにしても寒い!
トイレなんて吐く息が白い


トイレに座って
いつものようにしようとしたら

オシッコが出ない…

頑張っても少しだけ
お腹が張ってきて苦しい

布団に横になり休んでいると
なんだかおかしい…

漏れてくるよ

それも結構な量で、
病院に入院する前に戻ってる

結局、朝までうとうとしながら
何度もトイレにいくはめになり

朝になっても症状が変わらず
14時に、病院に電話した

折り返しDrから連絡がきて
今すぐ来なさいという指示

荷物もまだそのままだったので
入院セットを持参して、急きょ救急外来へ

新庄経由で、雪の中、
姪っこから大学病院まで送ってもらった

到着するとDrが待っていて
すぐにエコー検査

漏れの原因がわからず
再度入院することになった。

昨日別れの挨拶をしたばかりなのに
病室もベッドも同じ場所

部屋に入ると、皆さんビックリ

今日からまたお世話になります。

転院14日目

2011.12.19 安静



昨日、救急外来で、
尿道カテーテルを入れたら
お腹の張りはなくなった。

夜中に痛くて座薬をして
一晩過ごしたら、
漏れが治まってきた

朝の回診で、2・3日このまま
しばらく様子をみて、検査するって。

今までで最悪の血尿・混濁・浮遊物…

午後から、漏れのチェックが始まり
尿パの重さを量り、用紙に記入することになった。


下腹?膀胱?の辺りが
痛くて歩けないし
6時間おきに座薬をさして
ベッドの上でひたすら
安静にしています。


今回の入院、やっぱり
外泊扱いにはならなかったよ

転院15日目

2011.12.20 ぼんやり…


今朝は病室も寒かった
天気がいいけど雪降ってる


今日はカテーテル入れたまま
シャワーをして
少しだけ気分転換

パタパタ歩くと痛くて血尿がでるから
1日ほとんど動かずにベッドの上
痛いから6時間おきに座薬をさしてる


まるゾ~はまだ動けるけど
もし、寝たきりになったら…

毎日天井と窓の外を眺めて
長い1日を過ごすんだよ。
テレビも雑音に聴こえるし
話し相手もいない

ぼんやり過ごすことの苦痛

介護の現場で何度も見てきたけど
自分に置き換える事は考えもしなかった

病は気から、というけど
ほんとに辛いと
テンション上がらない


あ゛~ゞ
やだやだ(-_-;)(`Δ´)(*`Д´)ノ!!!

転院16日目

2011.12.21  赤富士



相変わらず痛くて動けないから
座薬をさしさし、一晩過ごした。

今日は、午前中検査だった。

膀胱に造影剤入れて膀胱を圧迫し
漏れてくるかを確認。

次に青水を膀胱にたっぷり入れて
トイレを我慢して漏れるまで待ち
青水が漏れるかをチェックするの。

排尿障害で、出しずらいから
すぐにお腹が張ってくる。

やっぱり圧迫してくると漏れてくる。
漏れるのが青水じゃないから
腎臓から膀胱にいけない尿が
膣からもれるんだよ。

検査が終わり尿道カテーテルが抜かれた。
あんなに痛かったのに
パタパタ歩いても大丈夫。


検査が終わり病室に戻ると、
Mrs.ポジティブが、縁起がいい赤富士の
ジグソーパズルを差し入れてくれた。

何だかんだ話しながら
二人本気になってあっという間に完成。

病室の壁には飾れないから、
ベッド脇のテレビ台に飾ってみた。

運気向上してくるといいな


今日の夕食はクリスマスメニュー

DSC_0279_convert_20120101192632.jpg

チラシ寿司、チキンの香草焼き
すまし汁、サラダ、いちごムース

みんな口を揃えて
「毎日、こうだといいね


夜の回診で、明日Dr達で話し合い
今後の予定を決めるそうです。
Drが「しばらくいれますよね。」って…

「大丈夫です」と返事しちゃったけど
せめてクリスマス…
だめなら年内には帰りたい




転院17日目

2011.12.22 サンタクロース



朝の教授回診

今回のケースは、かなり難しく治りにくい。
無理をして手術しても他と癒着したりして
時間ばかりかかるため、今のように漏れが
続くうちは手術できない。
焦らずゆっくり治療しましょうと
笑顔で話していたが、
昨日の検査結果を聞いたとたんに
専門用語でDr達と話して次の病室へ移っていった。


シャワーの後、洗濯をしに病院の中を歩き回ったら
お腹がパンパンに張ってきて痛くなり
11時からは、ベッドの上で横になって過ごした。
痛みは、我慢できなくて薬に頼るほど強い。
少し動いたり歩いたりすると血尿。

昨日から漏れがほとんどなくなる代わりに
トイレに行く回数は半端なく多くなった。

夜中の12時から5時までで3回。
日中は2時間から3時間おき。


なんで…?どうして…?と
あんまり考えないことにした。

なるようにしかならないもんね。


夕方4時すぎ、サンタが患者一人ずつに
プレゼントを持ってやってくるので
ベッドでお待ち下さいとアナウンスが流れた。

音楽にのってやってきたのは
サンタの格好をした
若いピチピチの看護師さんとDr。

プレゼントをもらって
一人ずつ記念撮影

かわいいクリスマスカードに
写真が貼られプレゼントされた。

みんな大喜びで病棟は笑い声で賑やかになった。
心遣いがとっても嬉しいよね


B.Drは一人一人に丁寧に声をかけてくれるので、
親切で優しいと病棟で一番人気なんだって。
背も高くてほんとに素敵な先生なのさ

クリスマスカード
大事にします



転院18日目

2011.12.23 天皇誕生日


今日から三連休
祭日で朝からお見舞いの多いこと


朝の回診で、
左側腹部の痛みを訴え
エコー検査してもらった。

痛い時は座薬を使うほど。

狭窄している部分なので
何かしらの痛みはあるらしい

夜中に寝ていても、膀胱が張ってくると
痛くて目が覚めるから、昨夜も眠くて
ふらふらになりながらトイレにいった。

漏れがひどくなるようだと
尿道カテーテル入れて退院
しなきゃならなくなるから

膀胱が張ってくる前にトイレに直行。


週末に退院しますか?と聞かれたけど
クリスマス寒波で天気が悪くなるって

急いで退院して、また具合悪くなるのも嫌だし
体調が落ち着くまでいることにした。


今日は眠くて眠くて…

天気が良くて暖かいから
うとうとしながらベッドに転がってた

転院19日目

2011.12.24 クリスマスイブ



朝から市内は快晴で
ベッドが窓際にあるから暑い

昨夜もトイレの往復で、
朝もなかなか起きれなかった。
2時間おきに張りの痛みで
目が覚める…

なので、食事の後で爆睡

痛み止が座薬から飲み薬に変更になってから
左側腹部も、常に痛いという感じがなくなり
とても調子がよくなった。


昨日は、実家でクリスマス会
息子も一緒に食事してきたって。
実家の嫁ちゃんから写メが送られてきた。

今年は夏から病気の事でバタバタして
入院・転院と気がつけば今日はイブ

気がかりは息子のことばかり…

テニスのゲームウエアが欲しいから
クリスマスプレゼントにして下さい

何度も何度も聞かされたから
忘れてないよ。

帰ったらクリスマスと年越し正月と
みんな一緒にするからね~


今の時間は夜の12時前
静かだと思ったら、窓の外は真っ白。
ホワイトクリスマスだよ




転院20日目

2011.12.25


朝、6時20分で起こされ検温
外は真っ暗だけど雪で真っ白。
一晩で積もったよ。


7時で体重測定にいったら、病棟のフロアに
「ガンになったら手にとるガイド」
という国立がん研究センター編著の
本がおいてあった。

パラパラ覗くとこれが、意外に面白い。

第1部 がんと言われたとき
第2部 がんに向き合う
第3部 がんを知る
の三部構成で、
がんの告知をうけてから、入院・治療・再発
それぞれのがんの療養情報、経済的負担など
患者さんの手記も載せてあり一気に読んだ。

まるゾ~がネットや本屋で必死に集めた情報が
一冊にまとまってた。

8月のあの頃にこの本と出会っていたら…


もう一冊
逸見政孝さんの「がん再発す」
94年の12月25日に亡くなるまでの
再発から闘病の記録だった。(17年前の今日だよ)
半分くらい読んで、最後の方は
辛いのと怖いのとで読めなかった。

転移・再発…
どんどん病んでいく様を
知るのも読むのもやっぱり怖い。



まるゾ~が書いてる闘病?日記
病室から外にでないから
最近は、痛い、辛い、漏れた漏れないばっかり
病室にいるから、たいして楽しい事もない。

でも、日記だからね。

今日より明日、絶対よくなると自分に言い聞かせ
これからも、痛い・辛い、嫌なことほど沢山書きますよ(笑)

転院21日目

2011.12.27 合併症のお話



まるゾ~が、なぜD病院に入院しているのか

広汎子宮全摘術の合併症で
「尿管膣瘻」になったからです

ネットで検索しても、あまり情報がないの。
あまり、お目にかかる病気でもないので
今までの経過をブログに書いてみました。

「尿管膣瘻」とは広汎子宮全摘術など
子宮・卵巣・卵官・リンパ等腹部を広汎
に摘出した際、傷口が癒着を起こし
尿管と膣に瘻孔ができ、オシッコが膣から
漏れてくるというもの。

まるゾ~も2011.10.25に子宮頸部腺癌で
広汎子宮全摘術をうけ、癌は全てとりきったものの
2011.11.10毎晩続く腹痛と熱発に膀胱炎と尿漏れになり
検査の結果「左側尿管膣瘻」と診断されてしまいました。

脊髄にそって、ちょうど腰のあたりに左右一つずつ腎臓があり
腎臓から膀胱まで左右一本ずつ尿管があるんだけどまるゾ~は
左側の尿管が膣とくっついちゃったの。

広汎子宮全摘の後遺症で、排尿障害になり
尿意を感じなくなったため、時間をみながらトイレに行き、
排尿もスムーズにいかず、毎回、冷や汗をかきながら
トイレに20分近くかかる…
精神的に落ち込んでいた時に更なるダメージ


自分の意思とは関係無しに漏れ続ける。
ちょうど、生理の二日目の一番量の多いときが
1日中続く感じ。
漏れるのがオシッコだから、ベッドやパジャマに
粗相してないか、ほんとに気を使う。
お尻が隠れる平の尿パの上に小さいパットの重装備

膀胱の右側は排尿障害で出しずらいし
左側は膣から勝手に漏れてくる

1日中トイレと友達になってしまった。
あり得ないけどほんとの話し…

D病院に入院して左側にステントを入れてもらい
漏れが治まるのをまって退院したものの
退院後、突然排尿困難になり尿漏れ再発
翌日、まさかの再入院でD病院に戻ってきた。

検査の結果、腹部と膀胱が張ってくると
圧迫により尿が膀胱にいけず膣からもれるらしい。
ステントも入っているけど、狭窄している所が悪さをして
痛みや交通の邪魔をしているんだって。


今日はここまで。
眠いので、続きはまた明日。
おやすみなさい♪

転院22日目

2011.12.27 合併症のお話②



昨日、洗濯しに歩いたら
お腹が張ってきて漏れと血尿

昼から続く左側腹部の痛みで
夜の9時に座薬をさしてもらったら
落ち着いたけど、変わらず
2時間~3時間おきにトイレに行くから
体力がなくなる。


昨日の合併症の続き

前回、漏れが発覚してから
一旦抜いたステントを再度入れたけど
漏れている左側には入らなかった。

膀胱鏡を尿道から膀胱に入れて
膀胱から尿管を進み腎臓まで入ったら
ステントを入れるんだけど、
痛いのよ~。
激痛で心が折れそうになる。
処置が終わると方針状態。


D病院に腎瘻の処置をしに入院したけど
腎臓が腫れてないから予定変更
検査をおこなった結果、もう一度ステントを
入れてみようということになった。

1時間30分、三人のDrが立ち会い
見事、左側に入れてくれた。
今回は局所麻酔で全然痛くなかったよ。

レントゲンをみると、腎臓と膀胱の所で
管が渦巻きになってる。
膀胱に異物が入っているようなものだから
熱も出たし、歩くと痛いし、血尿もでるんだよ。

それに、ステントは3ヶ月に一度
交換しなきゃならないんだよね。

せっかく苦労していれたのに
2月の受診時に交換だって…怖いんですけど。


なんとか漏れは治まってきたけど
少し歩いただけで張ってくるから
正直、退院後が心配です。

Drから
また漏れたらいつでも来てください
病院は年中無休ですからね~
と笑顔で言われても…
すぐに行ける距離ではないし。


漏れがなくなれば尿パとも
お別れなんだけどな。

尿とりパット、結構な値段なんだよね。
高いのに枚数が少ないの。
トイレにいく度に毎回交換するから
すぐになくなっちゃう。
お姉ちゃんが薬局をハシゴして
買ってきてくれるからほんとありがたい。


漏れがなくなり傷口が塞がれば
3ヶ月後に手術です。
開腹し、くっついた部分を切除し
新たに膀胱まで繋げるの。

難しい手術だって教授から何度も聞かされた。

でも、チームの六人のDr達は
信頼してお任せできる方達ばかりなので
安心して待っていられるかな~。
(若くてイケメンだしね)


とにかく、退院したら漏れないように
安静を心がけます。

退院です

2011.12.28 こんどこそ



朝、外来受診のあと退院が決まった。

この時期は年末なので退院する方が多い。
やっぱり年越しは家でゆっくりしたいもんね。

姉夫婦に連絡して迎えに来てもらうことになった。

嬉しくて、今どこ?とメールしたら
「今、うち」
えっ?さっき高速のったはずなのに…
「お笑いの番組みてる」「吹雪で戻ってきた」
え~っ??今日帰れないじゃん…

どきどきして電話したら、二人で爆笑してる。
騙された…


荷物をまとめて、同室の皆さんと
ナースステーションにいた
先生達と看護師さんに挨拶して
大学病院を退院してきました。

病院を一歩出た瞬間、寒い((+_+))!
真冬だからしかたないか。

雪道でガタガタ振動するから
お腹が張ってきたけど
前回より丈夫になっているのか
漏れることなく家まで到着です。

家に帰ってきましたよ。

今回は、無理しないように
動かず、安静にしています。

入院中、親子共々お世話になりました。
こんどこそ、しっかり治します。

また大学病院に戻りたくないもんね。
検索フォーム
RSSリンクの表示
おきにいり
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。