スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご挨拶

仕事・子育て 

毎日ただ忙しく、息子のソフトテニスの試合の応援を生き甲斐にしていました。


今年の夏に受けた健康診断の結果がはがきで自宅に届き

翌週に精密検査。

その診察室で 「子宮頸部腺癌」 の告知を受けました。



ブログは初めてですが、

病気と向きあって、辛い事や苦しい事、愚痴やぼやき・・・

たくさん日記に書きながら

1日の終わりに 生きてて良かったと思えるように

頑張るつもりです。



スポンサーサイト

えっ?癌ですか?

2011.8.26 癌の告知

診察室に入ると、Drから、健康診断からなぜ
精密検査になったかを詳しく説明され、
「腺癌です。それも特殊でやっかいなもの。」

えっ・・? 先生何を言ってるの? 
誰が癌? あたし???

突然の宣告に自分の事だと思えなくて、

○→「手術でなんとかなりますよね?」
Dr→「年齢や癌のタイプを考えると
    手術出来ない可能性もあります」
○→「手術できないって…どうなるんですか?」
Dr→「科学療法をするとか、残りの時間をどうするか…」
○→「それって余命の話しですよね? プ(笑)」

全然笑える状況じゃないのに
人ごとだから笑ってる私・・・


とりあえず会社に戻り
職場のみんなから
「何でもないって言われてきただろ?」
と声をかけられた瞬間
私のどっかの蓋が外れた。

涙で顔はぐしゃぐしゃ
少しずつ 切れ切れに Drの話しを思い出し

「あたし長くないかも」 

ようやく自分の事だと実感がわき
脱力感で会社を早退。

家に帰り、がむしゃらに大掃除
涙が後から後から流れてきて 
思いっきり鼻をかみながら

「命の時間はいつまであるのかな?」 
     ボーっと考えた。
  





昨日と今日のさかいめ

2011.9.8 いよいよあした

2週間 長かった。
でも、冷静にこれからの事を考える時間があったかな

☆この2週間でやった事☆
 ・お家の片付け
 ・粗大ゴミの処分(汗だく)
 ・パソコンデスクを友達にあげる(裕子ちゃん大事に使ってね)
 ・保険の確認(残念・・癌保険というものに入っていない)
 ・買い物(何故か 日用品を大量に買い込んだ)


告知を受けた次の朝、双子の片方から「検査どうだった?」とメールが入り
「泣いちゃうから電話はかんべんしてね」と昨日の受診の話しを伝えた。
たぶん ショックを受けたよね。


9月4日 
一番上の姉に電話で報告。その日の夜に心配して兄貴が電話をよこした。
みんなに心配かけるね。ごめんよ。

毎日毎晩 父の遺影にむかって祈った
「手術でとれるところに癌がありますように」


健康だと思ってた昨日
まさかの癌の宣告を受けた今日

昨日と今日のさかいめは まだ幸せだったかな

一瞬でひっくり返る大事件だよ。
 

精密検査結果

2011.9.9 精密検査結果

私は4人兄姉の末っ子で、一応双子です。
今日は1番上の姉が一緒に検査結果を聞いてくれるのでとっても心強いにゃ。
ちなみに姉も12年前に子宮頸癌の手術をうけ完治したお方
だから私の気持ちはとってもよくわかるのよね


癌患者の「告知マニュアル」というのをWEBでみつけた
よんでみると 私って普通の一般的なリアクション


診察室の前で 名前を呼ばれるのを
ドキドキしながら待つって・・・最悪
ノミの心臓の私 
余裕も無いくせに「おなか空いた」
なんて言ってみたりして

 

診察室に姉とDrと私

Drは、姉に丁寧に説明してくれている
そんな中「説明はいいから早く結果を聞かせて!」
と心で叫んでいた

検査の結果、子宮内には癌が見つからず
入り口にあるとのこと。
肉腫は少し触っただけでも
出血しているという

子宮全摘と科学療法の予定で
転移しているかは、
MRIとCT検査で調べるそうで

結果を聞いた瞬間
崩れそうになった。

とれるところにあって良かった。

重大発表

2011.9.9 家族会議

夜に、実家の兄貴夫婦に検査結果を報告に行ってきた。
入院・治療内容は26日の結果次第ということで・・・

兄貴→「息子は俺たちがちゃんと育てるから」
嫁ちゃん→「何も気にしなくていいからつれてきて」
みんなに心配かけてる

泣けるよ・・・


正直、身内にこの一件を冷静に話せるまで時間がかかった
 

まるゾ~には、高校生の1人息子がいます。
とっても頼りになる、中々我慢強い男。

実家の帰り道、車を運転しながら
 いつ・どうやって伝えようか・・きっとビックリするよね・・泣くかな・・
 

結局 心とこれからの準備もあるだろうし
ということで あさっての「地区新人戦(個人戦)が終わった晩にしよう」と心に決めた

2011.9.11 重大発表

息子の活躍を願いつつ、朝からテニスコートに応援に行きました。
願いもむなしく2回戦敗退

帰ってきた息子に
「お母さん話があるから座って聞いて」

(絶対泣くもんか)実は・・・と病気のことを息子に伝えた。
「はい」「はい」と真剣に話を聞いてる息子
話を終えると「やっぱり悪い病気だったんだ。辛そうにしてたから気付いてた」

ごめん!!(号泣)

お料理教室

たくましく生きる力をつけよう!


これから入院・手術になるだろうということで

息子と相談し、お料理教室に参加してもらうことにした。

とはいっても、講師は まるゾ~

部活終わりで家に帰ってくるのが7時半過ぎ

まずは、お米の研ぎ方から・・(あっ!お米流さないで)
次は、サンマの焼き方・・(ガスコンロのトレイの水がこぼれる!)
包丁使いは・・・(初心者じゃないよ!)


初心者クラスのはずなのに手際よく真剣に進めていく
この子、昔から工作は得意だったな

それに掃除・洗濯は、私より上手

約45分で完成

DSC_0119_convert_20110925011539.jpg

さんま めちゃくちゃうまい!!

お料理教室②

2011.9.22 男の料理


雨で部活がなくなり 息子 早めの帰宅。
「今日は何作るの?」と楽しげに聞いてくる。

今日のメニューはハンバーグとキムチ豚肉鍋

ついつい手を出したくなるけど
ひたすら我慢して 出すのは口だけ

玉ねぎのみじん切り ハンバーグの焼き方
何気に上手い

まだまだ恐々だけど・・・


もう少しで中級クラスに進級かな

DSC_0125_convert_20110926083407.jpg

今日もおいしい!








MRI・CT検査結果

2011.9.26 判決の日


9日以降に行ったMRI・CT検査の結果をききに病院へ。
やっぱり1人でいけないチキンな私・・・

今日は、洋子姉ちゃん(叔母様)が付き添ってくれた。

2時半の予約。 なのに4時になっても呼ばれず
ここに来て待たされること約2時間

2時間はないだろー どこまで引っ張るんじゃい


「転移」の2文字が頭から離れなかったこの2週間
一体どんな判決が下るのか
8月26日からちょうど1ヶ月。長い長い1ヶ月。


診察室にDrと洋子姉ちゃんと私

MRIの画像を見ながらDrの説明
異様な形をした私の子宮
子宮の上にもポッコリ筋腫まであるし

「検査の結果、転移は見られませんでした。」

様 ありがと~
(待たされた2時間分プラスになっって、この喜びは大きい)

とても難しい手術だそうで・・・(Dr 貴方の腕の見せ所よ
自己血貯血は800CC・・・(コレステロールたっぷり でも自分に輸血するから問題なし
術前検査も行うそうで・・・(なんだかんだといろいろ


手術は25日に決定です。










息子の胃袋

2011.09.26 大奮発


実家へ検査結果を伝えに行く途中 お菓子屋さんに寄って
息子の大好きな練り菓子を買った。

お茶と和菓子が大好きで 
小さい頃、誕生日のケーキを買いに連れて行ったら
和菓子の前で  釘付けになり

「ケーキは要らないから和菓子3個と水羊羹買って下さい
とお願いされたっけ 


これから沢山お世話になるし 
心配かけるだろうし

今日は特別 6個入り 大奮発
DSC_0056_convert_20110928213238.jpg

この日、結局 全てが息子の胃袋におさまった

お料理教室③

2011.09.28 味噌汁


本日の お料理教室

息子のリクエストは 「普通の味噌汁と焼き

「今日は、ねぎと豆腐にするか~」って 
早速ねぎを刻む (ぶ・・ぶ厚い・・)
卵を溶いて、やっぱりかき玉汁に変更


秋鮭を焼いて 昨日の残り物の煮物
あっという間に完成

DSC_0138_convert_20110928221749.jpg

今日もまっ


お料理教室④

2011.9.29 あったまるスープ


すっかりらしくなって寒いくらい
今日のリクエストは「あったまるスープ

ということで 鶏団子の中華スープと舞茸ご飯に挑戦

★鶏団子の中華スープ★
鍋にお湯を沸かし 野菜を切って
鶏団子と一緒にアクを取りながら煮て
中華ダシと塩・こしょうで味付け
長ネギと溶き卵を投入
片栗粉でとろみをつければできあがり

★舞茸ご飯★ (ちょー簡単)
米は普通の水加減 そこにめんつゆと酒で味付け
千切りの人参と薄揚げ・舞茸を入れて炊くだけ

約1時間で完成

DSC_0140_convert_20110930233720.jpg

舞茸切りながら 何故か喜んでる 
包丁使いがうまくなってきたよ。


自己血貯血

2011.9.30 自己血貯血


今日は12時30分から血液の貯金に病院へ


Drから手術に向けた説明を聞いた後
ベッドに横になり自分の血液を抜き取る。

手術 かなり難しいらしい

出血量も当然多くなるだろうと言う事で
800ccを当日まで貯めるんだって

今日は400cc(牛乳瓶2本分)

時間がかかるらしいんだけど・・5分くらいで終了
まるゾ~ 血の気が多いのかしら

その後、同じ量の点滴を入れ、造血剤も注射
この点滴に2時間以上時間がかかった。
寝てる分には気にならないけど
立ち上がるとふらふらして息苦しい

結局 職場に戻ったのが4時頃

今日は月末で忙しくて
具合が悪いと言っても
みんな聞こえないふり

「病は気から」と言われ そんなのわかってるよ~


自分の血液を病院に貯金したのに
会計で 9,890円 の支払いって・・・(泣)
検索フォーム
RSSリンクの表示
おきにいり
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。