スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いのり・・・3.11

1年前 私が住んでいる地域も震度5弱の揺れ
揺れが長くいつもの地震ではないと感じ
そのあとテレビの画面に釘づけになった

10Mの津波警報に驚いたものの
その時行っていた催しに変更はなく
なんら変わらなく進んでいくことに違和感を覚えた


職場に戻ったのは夕方4時過ぎで
町や車が次々に津波ににのまれていく様を
隣の県で今起こっていることだと
テレビの映像を見て実感した。

そう感じたのも
私の地域はライフラインに支障がなかったから


あの惨劇が起こっていた時間も
普段と変わらない時間が流れていた


すぐに始めた震災募金活動で
路上に立ち、募金箱を持ち声を上げると
どっと人が集まり温かい気持ちが寄せられた

小さな子供は祖父母や親と一緒に
中・高生は財布の中のお金を(お小遣い?)全部箱に入れていく
車で通り過ぎたのにわざわざ戻ってきて募金してくれる方
何年もためていたのではないかと思える
バケツいっぱいのお金を置いていってくれた方

何かできることをしたいと被災地を思う
1つ1つの温かい気持ちに触れた時 涙があふれた


あれから1年


私が震災のことを語るのは烏滸がましいが
突然に命の時間を絶たれてしまった方
悲しみを乗り越え前に進もうとしている方にむけ
いのりたい


今日、福島の親子を地元にホームステイさせ
元気になってもらう活動をしている方から電話があった。
この春休みもたくさんの親子が遊びに来るのではないだろうか



まずは自分が出来ることを一つずつ



こちらも↓応援よろしくお願いします        
にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
おきにいり
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。