スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定期検査と主治医の笑顔

昨日と今日、連続で市立病院へ診察に行ってきました。

ところで・・前回のブログ記事 衝撃的な内容だったの?
アクセス数が半端なかったよ



昨日は泌尿器科へ前回の検査結果を聞きに行ってきたんだけど
尿の混濁・浮遊物はなくなり、悪さしていた菌もいなくなったようで
膀胱炎は治ったみたいです

ステントが入っていると、どうしても尿路感染・膀胱炎になりやすい。
(おかげで、今まで何度尿路感染・膀胱炎になったかわかんない

肝心の血尿は相変わらずで、しかも薬のせいでおしっこがオレンジ色
痛みも変わらず続いていて、飲み薬がほとんど聞かないため
前回処方された飲み薬をロキソに変更し、止血剤とボルタレンも追加で処方して貰いました。


左の尿管ステントが次の受診で抜けるとして 右の治療はどんなことになるのか
気になってて聞けなかった事 Drに聞いてみました。

一番気になること・・
尿管でバルーンを膨らませたり狭窄部位をレーザーで切開等と治療するにあたり
日帰りで出来るの?  その治療って痛いの


Drの回答は・・
一般的に4・5日の入院と腰椎麻酔をして手術をするから痛いでしょ~


ぐだぐだ言わずに観念しろっ!ってことみたい
ステントが抜けるってことは非常にうれしい でも痛いのは嫌なんだよ~
で、2週間後に予約を入れてきました。





そして今日は、2か月毎の婦人科の定期検査でした。



CT検査は大学病院で毎回撮影しているので、異常があれば、なにかしら
アクションが起きてるだろうから、何も言われてないってことで今回はパス。
 
直腸診も今回はなかったので気持ちほっとした。←これはほんと気持ち悪いのよ


診察室に入ると「まるゾ~さんまた痩せた?この間よりまたスリムになったね
と主治医がまさかの笑顔で出迎えてくれました。
あんまり愛想のない先生なんだけど 今日は熱でもあったのか 始終ニコニコ


前回の大学病院での治療の話をしてから、最近の健康状態と気になることをDrに伝えて、新たに更年期障害に対する治療をスタートすることになりました。

癌の性質上ホルモン療法はできないため、漢方薬を処方してもらいましたが
この漢方薬も体質に合わせて いろいろあるようで・・・


「以前のまるゾ~さんは とてもふくよかだったから、がっしりタイプを処方するところなんだけど、今は痩せてきてるから普通タイプでいいかな? 虚弱タイプもあるけど・・虚弱じゃなさそうだし・・ぷっ

って・・センセイ ワラッテル??・・  まさかの笑顔で言うんだよ~
こんな笑顔の主治医は初めての経験で・・ つられて笑い 診察室が一気に明るくなった


ホットフラッシュ、手指のこわばり、肩こり、眩暈、気持ちの浮き沈み・・等々
漢方薬を服用することで改善されるはず。


内診・エコー検査は特に問題はなく、細胞診もそれほど痛くなく終わりました。

内診の最中、聞き忘れていた「胃のムカムカ」について、座薬のせいかな?と聞いてみたら
「それはあんまり関係なくて・・食べ過ぎってこともあるけど
 ここ最近のまるゾ~さんは食べすぎじゃなさそうだし・・ストレスかな?」
って ここでも笑いが起こり

今日は なんだかとっても楽しい診察になりました


結果は3週間後 郵便で届きます。 今回も良好でありますように


↓ポチっと押してくれると嬉しいです
にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
おきにいり
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。