スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

婦人科検診はいくつになっても大事だよ!

タイトル通り 年齢に関係なく婦人科検診ってとっても大事です。


なんでこんなこと書いたんかっていうと
今朝も実家の母から電話が来てね 自分は癌だと電話口で泣くんです。

よくよく話を聞くと市町村でやってる健康診断を受けに行ったら
自分だけ胃のレントゲン撮れなくて次の日に受けることになったそう。

原因は兄貴からのメールで知ったんだけど
食事禁だったのに 朝、しっかり食べて行ったので
胃のレントゲンは撮ることができなかったそうです。


そんなことも忘れてしまって 自分は癌だとみんなに電話していて
私、自分の親なのに 流すことできなくて とても腹がたちました。

「癌です」と告知を受けたわけでもないし 検査結果もまだ届いていないのに
自分の事を病人だと思うな! と、強い口調で母に言ってしまった。


母は、認知症状があって 最近いろんなことを忘れ 被害妄想も出てきてて
そんな人に、まともに当たってしまった自分に 今度は腹がたちイライラ・・


婦人科検診のはがきが来て、受けに行ったんだけど
病院の場所がわからず 帰り道、迷子になったと母から聞き
気持ちを持ち直して、今日、朝一で病院に連れて行きました。


そんな母・・ 受付、問診票の記入など自分では出来ないところまで認知症状が進んでいました。


病院の待合室で母と2人で待っていると 異常が見つかったらしい年配の女性が
目を赤くして、ハンカチで口を押え 看護師から、紹介状を持って検査を受けに
いってくださいと言われている場面に遭遇。

「こういう事って年齢は関係ないんだよな」と、その女性と自分を重ねて想像したり
「あのとき婦人科検診を受けていなければ、今頃私いなかったかも」なんてボーっと考えたり


母も無事に検査を終えて 家に送ってきました。



なんでもそうだけど 早期発見・早期治療 やっぱりこれに尽きると思います。
まずは、きちんと検査を受けること! これってほんとに大事よね。


↓読んだらポチっと押してね
にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
おきにいり
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。