スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

術式説明

2011.10.14 術式説明


今日は14時00分から術式説明で病院へ

ロビーでみんなと待ち合わせ ←まるゾ~家御一行様
みんなそれぞれ家庭があるわけで
親・兄姉だけで集まるってなかなかないよ。

ゾロゾロと待合室へ民族大移動


診察室に Drとまるゾ~家御一行様

Drに挨拶し、いよいよ説明開始
以下Drの説明はまるゾ~メモより (1部省略) 

  病 名: 子宮頸部腺癌
  進行期: Ⅰb1期 
  術 式: 広汎子宮全摘手術

 今回、検診で腺癌細胞がみつかったが(発見が早かった)
 子宮扁平上皮癌が8割をしめるのに対し腺癌の確率は非常に少ない
 それに症例も少なく進行期もあてにならない
 通常は体部から腺癌がこぼれてくるもので入り口付近にあるのは珍しく
 子宮の頸癌としてはまれである
 腺癌は放射線が効かない
 MRIの結果転移はみられない
 肉腫が4cm超える場合は抗ガン剤使用後に手術となるが
 3.2cm×2.1cmと基準を超えていないので手術を行う。
 再発もあり得るため卵巣・卵官・リンパ節・根本を支える靱帯も切除。
 手術の時間は6時間超え。もう少しかかるかも
 病理結果次第では追加の治療をする可能性もあり(抗ガン剤治療)

 合併症は代表的なもので7つ
  ①大量出血・・輸血
  ②膀胱・直腸損傷(あまりないけど)
  ③腸閉塞
  ④感染症
  ⑤排尿障害
  ⑥肺塞栓
  ⑦リンパ浮腫
 
★追加の治療がなければ2週間で帰れるんだって


腺癌のやっかいなところは、癌細胞がみつかりにくく
見つかったときにはかなり進行している事が多いそうで

まるゾ~が初診でDrから 手術は出来ないかも
と宣告されたのには この様なきちんとした理由があって

この世の終わりだと 毎晩泣き明かしたけど

検診でたまたま腺癌細胞がみつかり
CT・MRIの結果転移はみられず
ガン細胞は子宮の入り口に留まってる


なんだかんだいって まるゾ~はラッキーだったんだよ。

MRIの画像を見ながらDrが説明してくれている最中
どうしても画像を写メに撮りたくて 小声でDrにお願いしたら
「まるゾ~さん今はふざけた話しをしているのではありません

怒られちゃった
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
おきにいり
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。